若見 恵里

若見 恵里女性
活躍

WAKAMI ERI

文系 
企画・管理

CAREER

所属サーラエナジー 
暮らしのSALA推進部 生活サービス企画グループ

入社年2001年

専攻教育学部

経歴ガス機器の実演PR活動、イベント販売促進活動や協力販売店の管理・運営サポート業務などのキャリアを経て、現在、2児の母として仕事と育児を両立(育児短時間勤務制度利用)しながら活躍中。
※育児短時間勤務制度:小学校3年生までの子を養育する期間、それぞれの事情に合わせて、働き方を選択(5時間、6時間、6.5時間の中から選択可能)することができる制度。多様な働き方を実現するため、育児短時間勤務制度など法律を上回る水準の出産・育児支援制度を整備しています。

全社員が同じ目線で、
お客さまにサービスをお届けするために

INTERVIEW 01

私の仕事

地域の皆さまにサーラの商品・サービスをお届けしたい

 私が所属する部署では、ガス機器の販売促進をはじめ、リフォーム、クレジットカード、宅配水サービスなど、暮らしや住まいに関する商品・サービスを普及させるための企画・管理業務を行っています。私の主な担当は、カルチャースクール「くらしときめきアカデミー」、集客イベント「サーラ大感謝祭」のPR業務です。各サービスやイベントの魅力をお客さまに広くお届けし、利用していただくための課題整理・ルールづくりを行い、各店舗にてスムーズに運営・実施できるよう展開しています。

 また、お客さまの喜びや感動を共有できるよう、社員自らが行動に迷ったときに道しるべとなる「クレド(行動指針)」実践プロジェクトの事務局も担当しています。

若見 恵里

INTERVIEW 02

忘れられないエピソード

どんなときも前向きな気持ちで行動する

 入社から数年後、ショールームでガスコンロをPRするためのプログラムづくりと各ショールームでの実演教育を任されたときのことです。当時、会社として初の試みだったこともあり、新しい取り組みに対する社内の期待も大きく、そのプレッシャーと一部の否定的な意見に落ち込むことがありました。そのとき、上司からよく言われていたのが「前向きな気持ちを持っていれば、周囲にも同じ考えの人が集まり、よい環境が生まれる」-私は、今もこの言葉を大切にしています。

 コロナ禍で、私が担当するカルチャースクールや集客イベントを中止・縮小することとなり、毎年行っていた「サーラ大感謝祭」については急遽、特設Webサイトを立ち上げて、サーラE&L各社と連携しながら違う形でPRを行うことに。また、お客さまがいつでも安心してご相談いただけるよう、訪問・来店予約サイト「サーラプラザ365」も開設。約3カ月でのスピードオープンにこぎつけました。どんな状況においても、前向きに行動することで、周りの協力を得られ、乗り切ることができます。業務を通じて築いてきた他部署の方々とのつながりは、私の財産です。新たな取り組みを始めるときなどには、話を聞いてもらったり、助言をもらったりすることも少なくありません。今後もこのつながりを大切に、自分自身もみんなの力になれるよう努めていきたいと思います。

若見 恵里

INTERVIEW 03

変えていきたいもの

職場環境をより良くするために、変化を恐れず進化し続ける

 2度の育休のうち1度目に育休を取得したときは、総合職ではあまり前例がなく、部署のメンバーや人事グループのサポートを受けながら部署内の引き継ぎ・情報共有などを手探りで進めていきました。復職にあたっても、これまでのように働けるのか、成果を出せるのか、周りに迷惑をかけないかとの不安を抱いていましたが、周りのメンバーや家族のサポートもあり、なんとか両立することができました。

 今では、休業前、復職前、復職後などのタイミングで、上司と面談を行う制度(仕事と育児両立支援面談制度)も導入されています。疑問や不安に思うことも面談で解決できますし、復職してからの働き方もイメージしやすくなったので、安心して育休・復職することができるようになったのではないでしょうか。そのときどきに感じた思いを、会社や上司、部署のメンバーに伝えてきたことが、今の環境につながっているとしたらうれしいですね。子育て中の後輩からよく相談を受けますが、いつの間にかお互いに笑って話しています。そんな会話も楽しいひと時です。

 私は、これまでも会社初ということにいろいろとチャレンジしてきました。もちろん苦労もありましたが、誰かがやらないと次につながりません。私が新しい道を切り開くことで、後輩たちが働きやすくなり、会社を盛りあげていってくれる。そんな連鎖を期待しています。

 世の中も私自身の環境も変化し続けます。その変化に対して、これからも積極的にチャレンジし、さらに進化していきたいと思っています。

〔掲載情報は取材時点の内容です。〕

この度はサーラエナジーに興味を持っていただき、誠にありがとうございます。
皆さまにお会い出来ること、心より楽しみにしております。

ENTRY エントリーをされる方