椙江 邦弘

椙江 邦弘若手
社員

SUGIE KUNIHIRO

理系 
供給・保安

CAREER

所属サーラエナジー 
豊橋供給センター 導管グループ

入社年2014年

専攻総合理工学府 先端エネルギー理工学

経歴〔1~3年目〕供給・保安(都市ガス漏れ対応等緊急保安、経年白ガス管入替業務)
〔4~6年目〕供給・保安(民地内ガス導管入替・維持管理ほか)
 ※災害復旧応援隊経験
〔7年目~〕供給・保安(公道部ガス導管等の供給施設設計・施工管理ほか)

ガスのある
当たり前の日常を守るために

INTERVIEW 01

私の仕事

暮らしのため、地域産業のために、インフラを整備・拡大する

 私は、新たに都市ガスをご利用のお客さまのために沿道のガス管を伸ばしたり、計画的に古いガス管を新しいガス管(地震に強く腐食しにくいポリエチレン製のガス管)へ入れ替えたり、ガス工事の業務全般に携わっています。自分の仕事の一つひとつが、地域の皆さまにより安全・安心な生活をお届けすることにつながると思うとやりがいを感じます。

 仕事の流れとしては、まずはお客さま窓口となる営業部署と連携して工事内容を確認し、設計と積算。受注後、行政手続きや協力会社への工事発注、工程管理、検収(最終確認)まで行います。時には図面通りに工事が行われているか、現場へ足を運び確認することも。関連部署・協力会社と密に連絡を取り合いながら、安全・確実に工期内で工事を完了させるよう心がけています。また、ガス管は地中に配管するため、水道管、下水道管、電話線などを避けながら、どのくらいの深さにどのように配管するか、埋設位置の見立てが重要となってきます。工事が完了するたび、ほっとするとともに自分の調査・見通しの確かさを振り返って成長を実感しています。

椙江 邦弘

INTERVIEW 02

忘れられないエピソード

復旧作業で再認識したエネルギー事業者としての使命

 2018年6月に発生した大阪北部地震では、災害復旧応援隊の一員として参加しました。一般的にはあまり知られていませんが、大規模な災害により都市ガスの製造・供給を停止した場合などには、全国の都市ガス事業者が業界一丸となって、災害復旧に対する応援を行う体制が確立されています。作業を開始した段階では、ガス供給の再開までどれくらい時間を要するのか分からず過酷な状況ではありましたが、全国から派遣された応援隊員と協力し合って無事に早期完了させることができました。そのときに見たお客さまの喜ぶ顔は、今も忘れられません。また、復旧作業のために一件一件ご訪問したご家庭のお客さまだけでなく、道行く人たちからも「遠くからありがとう」「がんばって」と声をかけていただきました。

 ガスは利用できるのが当たり前。だからこそ、供給が止まったときには少しでも早く復旧しなくてはなりません。多くの人々が不便な生活をしている様子を目の当たりにし、エネルギー事業者としての使命を再認識することができました。この経験は、自分にとって貴重な財産です。

椙江 邦弘

INTERVIEW 03

変えていきたいもの

培った知識や経験を受け継ぎ、組織力向上へ

 ガス供給・保安に携わる者である以上、なにより「安全第一」の意識を高く持ち行動しています。また、現場ごとに状況は異なり、知識・技術・経験を総動員した的確な判断が求められるため、積極的に資格試験にも挑戦。会社の資格取得支援制度を利用し、ガス主任技術者をはじめとするさまざまな専門資格を取得しています。最近では、ガス主任技術者試験合格プロジェクトのリーダーを任され、定期的に後輩向けの勉強会を開催しています。少しずつ周りに頼られる存在になってきたのでは、とうれしく感じています。

 自身の担当業務についても、誰が対応しても再現性があり、安全・確実な作業を行えるようにするため、工事の手順書を視覚的に分かりやすいものに一新。私自身、新人の頃は先輩方に助けてもらい困難を乗り越えたことが何度もありました。次は私が培ってきた知識や経験を後輩に伝えていく番です。そして、自分自身もさらに専門性を磨いていきたいと思っています。

〔掲載情報は取材時点の内容です。〕

この度はサーラエナジーに興味を持っていただき、誠にありがとうございます。
皆さまにお会い出来ること、心より楽しみにしております。

ENTRY エントリーをされる方