グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


業務用、産業用のお客さま

ホーム >  業務用、産業用のお客さま >  都市ガス >  厨房で安全にお使い頂くために

厨房で安全にお使い頂くために


ガス機器のご使用時は、まず換気!

ガス機器を使用するときは、新鮮な空気が必要です。

ご注意!!

換気が不十分であったり、ガス機器が劣化している状態でガスが燃焼すると、不完全な燃焼となり、同時に有毒な一酸化炭素(CO)が発生し、中毒の恐れがあります。
ガス機器使用時は、必ず換気をしましょう。

光と声でガス漏れ・不完全燃焼をお知らせする
都市ガスを安心してご使用していただくために、「不完全燃焼警報機能付きガスもれ警報器」を設置されることをおすすめいたします。
ガスもれや、不完全燃焼によって発生した一酸化炭素を検知すると、ランプと音声でお知らせします。

警報器

一人一人が換気を確認!

  • ガス機器を使用中は換気扇・排気ファン等を運転させて、常に換気を行ってください

イラスト

湯沸器をご使用の際は、とくにご注意を!

  • 必ず換気扇等で換気されていることを確認してください
  • とくに仕込み・あと片付け等で湯沸器をご使用になるときも換気を忘れないようにしてください
  • 大きな厨房室などでは、お湯を使用されている場所と湯沸器を設置している場所が離れている場合がありますので、換気装置が作動していることを必ずご確認ください

イラスト

排気ダクトは動いていますか?

  • 換気装置が稼働している時間内でガスをご使用ください
  • 排気ダクトなどにより共同換気を行っている建物では、とくにご注意ください
※照明スイッチと換気扇・排気ファン等のスイッチを連動させると、換気をわすれることがなく安心です。

イラスト


ガス機器と設備のお手入れ・点検を!

日ごろから、お手入れや点検をお客さま自身で行っていただく必要があります。

ご注意!!

ガス機器の取り扱い説明書をよくお読みのうえ、正しく安全なご使用と日常管理を行ってください。
ガス機器をご使用時に、不快なにおい・炎のあふれなどあるときには、すぐに使用を中止し、お客様窓口までご連絡ください。

ガスの炎をチェック!

  • バーナーはワイヤーブラシなどで時々掃除してください
  • 正常な炎で燃えるよう、空気孔の調節をしてください
  • 点火、消火の際は必ず目で確認する習慣をつけましょう
  • 点火棒を使用する場合は、点火棒に火をつけてから器具栓を開いてください

イラスト

接続具の安全チェック!

  • ガス栓とガス機器は金属管などでしっかり接続しましょう
  • ゴム管をご使用の場合は、ゴム管止めで止めましょう
  • ゴム管は古くなると、ひび割れなどをおこしてガス漏れのもとになります
  • とくに、炎に近い場所にあるゴム管や油で汚れたゴム管はお早めにお取り替えください

イラスト(ゴム管止め)

ガス栓の安全チェック!

  • 使用していないガス栓は、ガス栓キャップをしておきましょう
  • ゴム管が外れたりすると自動的にガスが止まるヒューズガス栓をおすすめします

イラスト(ガス栓キャップ)

フードの中も点検と清掃を!

  • ガス機器の給排気口や排気装置の吸い込み口は油やほこりがたまり、換気の障害になりますので、いつもきれいに清掃しましょう
  • フード内につく油やほこりはダクト内火災の原因にもなります。こまめに掃除をしてください
  • フード内のグリスフィルターは表面がきれいでも、裏面は油などが詰まっている場合があります

イラスト

壁との離隔は十分ですか?

  • 壁の表面がステンレスやタイル張りでも、下地が可燃性材料の場合、火災の原因になることがあります

イラスト

ガスくさい等、緊急の場合はお客様窓口までご連絡ください。

「業務用・産業用」お客さま窓口

お問い合わせは、インターネットまたはお電話で承ります。


マイサーラ