エネファームtypeS
余剰電力
買取サービス

エネファームtypeSで発電し
ご家庭
使われなかった電力
サーラカードポイント
交換できるサービスです!

ご契約条件

  1. 1
    サーラエナジーとガス使用契約をご締結頂いていること。
  2. 2
    当社が対象機種として定めたエネファーム typeSを設置していること。
  3. 3
    エネファーム typeSからの発電余剰電力量のみを、スマートメーターで計量できること。
    すなわち、他の電力供給設備からの供給電力がスマートメーターの計量値に含まれないこと。
    ※送配電事業者(中部電力)が設置するスマートメーターを意味します。
  4. 4
    再生可能エネルギーの固定買取制度の対象となる発電設備(太陽光発電等)が併設される場合、
    制度上、余剰電力買取の適用はできません。
    ※太陽光発電設備の出力が10kW以上、かつ固定価格買取制度の全量買取を適用する場合を除く。
  5. 5
    余剰電力買取規約をご承諾頂いていること。

発電余剰電力買取の
仕組み

エネファームtypeSで発電した電力は、ご家庭で優先的に使用されます。
発電した電力の内、ご家庭の電気使用量を上回る電力を、サーラカードポイントに交換することができます。

【余剰電力とは】エネファームtypeSで発電した電力のうち、ご家庭の電力使用量を上回る電力のことを意味します。

お客さまから買い取った電気は、社会全体で活用されます。
発電効率が高いエネファームtypeSによる電気を有効活用
することにより、CO2削減につながります。

エネファームtypeS
運転イメージ

余剰電力買取を行わない場合

電力使用量に合わせて、24時間連続運転※1を行います。

余剰電力買取を行う場合

電力使用量にかかわらず、24時間定格運転(700W)を行います。電力使用量が少ない時間帯は、発電した電力がご家庭の電力使用量を上回ります。発電した電力のうち、ご家庭で使われなかった電力をサーラカードポイントに交換いたします。

※1 ガスメーターの保安機能を正常に作動させるため、26日連続して運転した後、27日目に24時間以上、発電を停止します。また、1日に2~3回約6分間発電出力が低下します。

〇発電時に発生する熱の一部はエネファームtypeSに接続されている給湯器等に供給される水の予熱に利用しますが、給湯利用時は必ずエネファームtypeSに接続されている給湯器等にてガスを燃焼させてお湯をつくります。このほか、温水暖房のお湯は、すべてエネファームtypeSに接続されている給湯器等にてガスを燃焼させてお湯をつくります。

〇貯湯タンクがお湯でいっぱいの場合は、貯湯タンクのお湯をラジエータで放熱しながら運転を継続します。

〇詳しくは「エネファームtypeS」カタログをご確認ください。

余剰電力買取による
メリット

ご家庭で使われなかった電力を当社にて買取をしポイントにて交換を致します。
定格運転にすることでガスの使用量は増加しますが、ポイント還元と発電効率の向上により従来システムと比べてよりメリットが生まれます。
また発電した電力を社会全体で活用することにより、CO2削減にも貢献します。

※エネファームtypeSアイシン2018年度モデルの場合。

お申込みの流れ

1

お申込み

エネファーム余剰電力買取契約申込書等によりお申込頂きます。

2

送配電事業者との手続き

当社に申込書等の必要な書類が届いてから、買取開始までの手続きに、約2ヶ月を要します。
場合によっては、3ヶ月程度かかる場合があります。
○スマートメーターが設置されていない場合は、スマートメーターの設置が必要です。
○送配電事業者(中部電力)との調整はサーラエナジーが行います。送配電事業者との手続き状況により、手続きに要する期間は異なります。また、手続き中に電力契約の変更等がある場合、さらに時間がかかることがあります。

3

買取開始

送配電事業者との手続き等が完了後、当社またはエネファームtypeSの販売店・施工店等が、お客さま宅のエネファームtypeSの設定等を実施しますのでご協力をお願いします。お客さま自身で設定することはできません。

4

買取量の確認

買取量および買取金相当のサーラカードポイントについては、当社が指定するWebサイトにて通知させていただきます。

5

ポイント還元

サーラカードポイントは、毎月の検針分を翌々月に還元させて頂きます。
▶ サーラカードのお申込みがお済でない方はこちら

買取単価(円/kWh)
(単価は毎月変動します。)

15.28+単価調整額(円/kWh)

※算定された買取単価を1円=1ポイントとし、
サーラカードポイントとして付与いたします。

  • 消費税等相当額を含みます。
  • 上記で算定される値の小数点第3位以下の端数は切り上げます。
  • 買取額算定にあたって月毎に定める平均原料価格は、当社のガス料金算定にあたっての平均原料価格に準じます。
  • 単価調整額とは、当社のガス料金における原料費調整制度に基づく当該月の単価調整額に0.11を乗じた額とします。(単価調整額は毎月変動します。)

(参考)2019年10月の平均原料価格に基づく買取単価:12.45円/kWh。毎月の平均原料価格は、サーラエナジーのホームページ等でお知らせします。

よくある質問

エネファームであれば全ての機種において余剰電力買取ができますか?

アイシン製エネファームのFCCS07B1NJ、FCCS07B1N、FCCS07B2NJ、FCCS07B2Nの4機種に限ります。※2019年5月現在

エネファームで発電した電力全てをポイントに交換できますか?

発電した電力はまず家庭内で使用され、使用されなかった電力のみ売電ができます。

買取量はどのように決定されますか?

送配電事業者が行う検針により確定され、当社が送配電事業者から検針値を入手致します。

余剰電力買取の解約はできますか?

解約は可能です。
弊社までご連絡いただければ諸手続きのもと、解約処理及び機器にて設定の変更をさせて頂きます。

買取開始日はいつからになりますか?

お申込書受領後、当社が送配電事業者と協議の上、買取開始可能日が定められ、機器の設定作業を行う日程をお客さまと相談させていただき、作業が完了した日から買取が開始となります。

余剰電力買取の申込は費用がかかりますか?

書類申請、機器設定作業等、余剰電力買取においてお客さまがご負担する費用は発生致しません。

発電余剰電力買取対象機種(燃料電池ユニット型式)

※接続されている給湯器等、リモコン等に関する組み合わせ条件はありません。

FCCS07B1NJ、FCCS07B1N、
FCCS07B2NJ、FCCS07B2N

特にご注意いただきたいこと

  • 再生可能エネルギーの固定買取制度の対象となる発電設備(太陽光発電等)が併設される場合、制度上、余剰電力買取の適用はできません。
    太陽光発電設備の出力が10kW以上、かつ固定価格買取制度の全量買取を適用する場合を除く。
  • 余剰電力買取を行うことにより、毎月のガスの使用量は増加します。
  • サーラエナジーとのガス使用契約が解除された場合、本買取契約も終了となります。
    本買契約が終了した後、送配電事業者との調整および、エネファームtypeSの設定変更等を実施します。